« 4.『山をなめてた当時の僕』 | トップページ | 6.『サマーキャンプ』 »

2016年1月25日 (月)

5.『怒声』

天神山スキー場までの送迎バス発着所に着くと、とてつもなく長い行列が出来ていたのだ。何が何だか分からないまま僕達は列の最後尾につく。暫くすると、徐々に前の方から情報が伝言ゲームのように伝わってきた。

どうやら会場までの山道が狭過ぎて、バスの運行が予定よりも相当遅れているらしい。良く分からないが、普通の観光用程度の大きさのバスが数本しか行き来していないようだ。ざっと見たところバスを待つ行列は数百人、いや数千人程に伸びている。一回に50人くらいしか乗れないとして、現在9時半くらい。最初のバンドが始まるのが11時。これはどう見ても間に合わない。

「どうする?」
「なあ?」

僕と杉内は顔を見合わせる。ふと気付くとバスに乗るのを早々に諦め会場まで歩く決意をした人達が、ゾロゾロ集団で動き出している。我々はどうするか?会場までの正確な距離は誰も分からない。もし歩いてみて途中で嫌になっても、その時はもうバスに乗ることは出来ないだろう。一個目のバンドは名前すら知らなかった「サザンカルチャー・オン・ザ・スキッズ」だし、残念だけどここは遅れても待っていれば着くのだけは確実なバスを選ぶことにした。それに何となくだけどこれは主催者が招いた事態なので、開演自体遅らせてくれるのではないか?という期待もあった。

それよりも気になる事があった。送迎バスを待つ人々が並ぶこの場を支配している空気だ。皆、口々に主催者への不満を漏らしている。

「金払ってるのに、何で最初から見られねーんだよ!」

そんな言葉がそこら中から聞こえる。全員物凄く苛立っていて、負のオーラが満ち溢れている。せっかく楽しみに来たのに、これはちょっと考えていなかった幕開けだ。

最悪の雰囲気の中、送迎バスをひたすら待つ。この時は僕の記憶では空は晴れ渡り、少し汗ばむ程であったと思う。10時30分頃。覚悟していたよりもやや早く、一時間程でバスに乗れた。これならギリギリ11時の開演に間に合うはずだ。しかしバスが走り始めてすぐに、それは無理だということに気がついた。

会場までの山道は想像していたよりもずっと狭く、車で直接会場入りする人達や送迎バス、それにライブの関係車両などで大渋滞になっており、まったく動かないのだ。

「おい。こんなに物凄く狭い山道、渋滞するなんて主催者側は予想しなかったのかな?」
「こんなの、俺達でも事前に分かるよな?」

既にこの時点で明らかに会場選びや導線の計算が間違っている。先に車で直接会場に向かった杉内のお姉さん達は、無事到着したのだろうか?

僕達が乗り込んだバスの乗客も皆、もうライブ開始には間に合わない事に気付き始め、先程からのイライラは倍増してきている。その時だ。

「テメー、もっと早く走れよ!」

車内に男性の怒声が響いた。それをきっかけに、

「取りあえず主催者出て来い!」

などと、理解は出来るがバスの運転手に言うには理不尽な罵倒を、何人もの人が投げ掛けはじめた。驚いて周りを見渡すと僕と同年代はあまり見当たらず、殆どが大学生かそれ以上に見える。僕は大人が集団で怒りを爆発させている現場を初めて目の当たりにして、ただただ戸惑うばかりであった。

結局、ライブ開始時刻の11時をバスの中で迎えてしまった。しかも、この辺りで雨がパラパラと降ってきた。僕は雨具や着替えなど何も持ってきていない。そういえば出発前、天気予報では台風到来を告げていた。杉内は小さい頃からキャンプなどのアウトドア経験がある為か、レインコートなどをちゃんと持ってきていた。

「しんどい事になりそうだな」

僕は自分の馬鹿さ、計画性の無さに初めて気付いた。最悪の空気が充満するバスの窓に額を押し付け、黙って外の雨粒を見ていた。

|

« 4.『山をなめてた当時の僕』 | トップページ | 6.『サマーキャンプ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2235019/63631689

この記事へのトラックバック一覧です: 5.『怒声』:

« 4.『山をなめてた当時の僕』 | トップページ | 6.『サマーキャンプ』 »