« 1.『フェスって何なんだ!』 | トップページ | 3.『常に一歩先をいっている奴』 »

2016年1月 4日 (月)

2.『レディングが日本にやってくる!』

1997年。

東京生まれ東京育ちの僕は高校二年生、16歳だった。初めて地元から出て学校に通わなければならない緊張感や、初めてのバイトで容赦なく大人に怒鳴られる挫折感と毎日戦っていた高校生活も二年目。学校もバイトもすっかり慣れてしまい、むしろ何も起きない日々に僕は退屈していた。

勉強が出来る訳でも出来ない訳でもなく、運動が得意な訳でも苦手な訳でもなく、金持ちでも貧乏でもなく、生きている事に絶望している訳でも希望を持っている訳でもない、ただただ平凡過ぎる人生を歩んでいたその頃の僕にとって、唯一の楽しみが音楽であった。

六歳年上の兄がいたので、音楽、特にロックに興味を持つのは周りの同級生より早かった。BOφWYに夢中になったのをきっかけに、メンバーが影響を公言していた洋楽を探る事で聞くジャンルを広げていく、といった兄の音楽遍歴は、そのまま僕の音楽遍歴となった。

小学生の頃から色々と聞いてはいたが、中学生になり兄とは関係なくCDを買うようになるとさらに音楽に対する熱は加速していった。 ただ当時は「一つのジャンルの歴史や体系を俯瞰で捉える」というような思考を持つ段階にはまだなく(そんなものが必要なのかも分からないが)、ディープパープルもビートルズもレッチリもブルーハーツもBOφWYも電気グルーヴも、その頃の僕にとっては全て“ロック”なのであった。

また、早くから洋楽を聞き始めると「国内の歌謡曲を馬鹿にする」という態度に出る奴もいたが、僕は重度のテレビっ子でもあったのだ。1990年代というと今よりミリオンヒットも多く、音楽番組も高視聴率を記録していた時代。ブラウン管を彩る歌謡曲を嫌いになれる筈もなく、ロックと同じように大好きであった。

さらに中学二年生でエレキギターを購入してからは、一日の大半をギターの練習に費やす、という日々だったので、思春期の僕にとって音楽は生きている意味そのものであり、平凡な人生を鮮やかに彩るただ一つの希望であった。

そんなある日。毎月買っている音楽雑誌をいつものようにペラペラ捲っていると、あるページに目が止まった。

「レディングが日本にやってくる!」

僕の記憶が確かならそんなキャッチコピーと共に、“フジロックフェスティバル”というイベント名、そして沢山のアーティストの名前が列挙されていた。

「“レディング”ってイギリスのロックフェスティバルだよな?それが“日本にやってくる”という事は、日本でロックフェスティバルが開かれるという事?だとすると、列挙されているアーティスト名はその出演者?でもレッチリやグリーンデイやハイロウズって書いてあるぞ?こんなバンドを一挙に見られるという事?」

その当時の僕の常識では考え難い事態を目にして頭はパニックを起こしたが、冷静に本文を読んでみる。

このフジロックフェスティバルは富士山麓にある天神山スキー場で、1997年7月26日、27日の二日間にわたって行われる日本初(後に必ずしもその認識は正しくない事を知るが)の野外ロックフェスティバルらしく、ロックファンなら誰しも知っているような豪華なアーティストが、洋邦問わず多数出演するという。

「何だか分からないけど、僕はこの“フジロックフェスティバル”に行かなければいけない気がする!」

退屈な日々を変える刺激が欲しかったのか、純粋に憧れのミュージシャンを見られる喜びなのか、それともまさかの異性との出会いを期待したのか…。今となっては覚えていないが、とにかく高校二年生の僕は瞬時にこのフェスティバルに参加しなければならない、と判断したのである。

しかしこのフェスティバル。値段は二日間で三万円近く、高校生にしてはかなり高い。しかもよく調べてみると、車で行かなくてはかなり不便なようだし、一日目が終わってからの宿の問題もある。僕は恥ずかしながらこの時点で、一人でどこかへ遠出をした経験など皆無だった。しかも親は離婚しており、母親と兄と慎ましく三人で暮らしていた為自家用車もない。

「これは誰か一緒に行く奴を探さなくちゃな」

だが僕自身はバイトをしていたのでお金はあったが、通っていたのは本来バイト禁止の私立高校。僕以外にバイトをしている友人がいなかった為、フェスティバル自体に興味はあってもそれに三万円近い金をすぐに出せる奴が見つからない。しかも親が車を出せる奴、となると…。困り果てた僕の頭に、一人の男の顔が浮かんできた。

「あいつだ!」

|

« 1.『フェスって何なんだ!』 | トップページ | 3.『常に一歩先をいっている奴』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2235019/63309387

この記事へのトラックバック一覧です: 2.『レディングが日本にやってくる!』 :

« 1.『フェスって何なんだ!』 | トップページ | 3.『常に一歩先をいっている奴』 »