« 8.『ザ・ハイロウズ登場!!!~月光陽光~』 | トップページ | 10.『レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン』 »

2016年2月22日 (月)

9.『フー・ファイターズ~不味い飯~』

ハイロウズ終了時点で、大体三時ぐらいだったろうか?

実は朝から何も食べないままここまできてしまったのだ。休憩を取りたいのだが、ステージから離れるにはいかんせんラインナップが豪華すぎる。でも物凄い空腹感だし、疲れてきたし、何より軽装でずっと暴風雨に曝されていたからか寒気までしてきた。体感温度だけでなく、「本当に今、夏か?」と思うぐらい実際の気温も下がってきているようだ。ライブ中は興奮していて気付かないが、バンドとバンドの合間のセッティング中などに冷静になってみると、「ああ、今台風が直撃しているんだな」と改めて実感する。ただただ、しんどい。

ここで杉内が、

「そろそろ飯食いに行かない?」

と当たり前の提案をしてきた。しかし次はフーファイターズだ。

「でもフーファイターズは見逃せないだろ?もうちょっと待てよ」

と僕。この我儘な答えを聞き、杉内はみるみる不機嫌になってしまった。小学生で出会ってから今まで、杉内とは言い争いすらした事がなかったのに。気まずい。ただでさえ今は暇なセッティング時間だ。この天候の中暇を潰せる訳でもなし、こんな空気ではとても耐えられない。ふと気づくと、杉内の唇が若干青くなっている。かなり体調が悪いのかもしれない。そこでようやく僕は妥協する気になり、

「じゃあ、『モンキーレンチ』だけ聴かせてよ。それ聴いたらすぐ飯行こう」

と、提案した。杉内は了承してくれたので、ひとまず安心だ。そうこうしているうちにフーファイターズの登場。デイヴ・グロールは後に読んだインタビューで、

「ハイロウズは最高だった。ボーカルの奴は凄い。まるでイギー・ポップmeetsディープ・パープルだ」

と語っていた。この日は台風という特殊な環境がバンドのテンションを上げ、それに影響されて次のバンドもさらにテンションの高いライブを繰り広げる、という(ライブだけとってみれば)最高の好循環が出来上がっていたように思う。デイヴ・グロールも初っ端から野太いシャウトを轟かせる。バンドの演奏も素晴らしくて、カンカンと甲高いスネアの音が気持ち良い。『モンキーレンチ』も無事五曲目くらいにやってくれたので、約束どおり飯を食べに行くことにした。

(しかし、今こうして冷静に書いてみると、あの時は本当に疲労困憊だったんだな、と改めて思う。だってフーファイターズだよ?普段だったら絶対に最後まで見ていた筈だ)

ステージを離れ、飯の屋台やグッズを販売するテントがあるエリアに向かう。会場に到着してから冷静に全体の様子を見たのは、この時が初めてだった。既にかなり悲惨な状況になっているじゃないか!寒さに耐え切れず入り口で貸し出していた毛布に包まり、しゃがみこんだままピクリとも動かない人達が何人もいる。小さめの茶色い山(毛布が泥まみれになっているのでそう見える)が、あちこちに転々としている光景は異様だ。

また多くの人が雨具を持っていなかった為、入り口で配っていたタワレコの袋を頭にかぶって雨を凌いでいる。貰った時は「邪魔だけど記念だし」と取っておいたが、そんな使い道があるのか。僕も早速真似して頭にかぶる。もう誰も見た目なんか気にしていない。思春期ど真ん中の僕だったが、雨に濡れてモロに透けて見える女の子のブラジャーの線も全然気にならない。こんなラッキーボールを見逃すなんて、事の重大さがお分かり頂けるだろう。

かすかに聴こえるフーファイターズの演奏を聴きながら、買ってすぐ大量の雨が入りこみシャバシャバになってしまった“何か”を杉内と無言で食べる。自分が何を買って何を食べているのかもよく分からない。まずい。会話というそれなりに力や神経を使う行為も億劫になってきて、杉内との会話は殆どなくなってきた。こんな状態で僕達は果たして最後までもつのだろうか?

|

« 8.『ザ・ハイロウズ登場!!!~月光陽光~』 | トップページ | 10.『レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2235019/64089140

この記事へのトラックバック一覧です: 9.『フー・ファイターズ~不味い飯~』:

« 8.『ザ・ハイロウズ登場!!!~月光陽光~』 | トップページ | 10.『レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン』 »