« 13.『レッドホットチリペッパーズ(1)~闇に響く声~』 | トップページ | 15.『下山①~ビーサンを呪う~』 »

2016年3月29日 (火)

14.『レッドホットチリペッパーズ(2)~ワン・ホット・ミニット~』

そして21時頃。遂にレッチリが現れた(予定では19時40分スタート。何とここまでで一時間以上も押していたのだ)。

アンソニーが右腕にギプスをしている。あんな状態で来てくれたのか!フリーが既にエンジン全開で飛び跳ねている!まだ何もしてないのに、もう格好良い!やっぱりこの場所に来て、そしてここまで耐えてきて良かったよ!!いよいよ演奏が始まる。

一曲目は…『Suck My Kiss』!いきなりきた~! あの時の観客の体力は(何度も言うが)本当に限界にきていた。しかしこのいきなりの『Suck My Kiss』には知らず知らずのうちに皆の体が反応していた。ハイロウズやレイジの時のような激しさはない。しかし皆が最後の力を振り絞ってフリーのベースに、アンソニーの唄に、チャドのドラムに、デイヴのギターに反応し観客席が大きくうねっている。僕もあの瞬間、「もうくたばってもいい」と確かに思っていた。

この日一日、死にそうな状況を必死に耐えてきて、今この最高のバンドを迎えている。達成感や安堵感のようなものが観客を包み、この日一番会場の一体感を感じることが出来た。彼らの一挙手一投足、絶対に見逃すまい。

一曲目が終わるとフリーが「テツワンアト~ム!クロサ~ワ~!トシロ~ミフ~ネ!ユキ~オミシ~マ!」と謎の雄叫びを発した。実はこういった態度やアンソニーの差別用語発言が、後に一部で「レッチリは日本人差別をしていた」という議論を引き起こしてしまう。僕がリアルタイムで感じた正直な感想は、「そんな事を感じる余裕すらなかった」が本当の所だ。

二曲目、『Aeroplane』が始まる。フリーのベースはバキバキと金属音のようだ。チャドのドラムはとても重いのだが、同時に抜けの良い甲高いスネアの音色が気持ち良い。アンソニーは中腰でマイクスタンドにかぶりつかんばかりの勢いで長髪と(何故かズボンについていた)尻尾を振り乱している。腕が片方使えないというハンデを全く感じさせない迫力だ。デイヴ・ナヴァロのギターソロはエフェクターの効果で観客の頭上をグルグル廻っているように聴こえる。何か凄く気持ち良い。

この時のライブは現在、台風や骨折という『状況』として伝説になっていると思う。しかし『演奏』という側面での評価はどうだろう?

後にデイヴが抜け、ジョン・フルシアンテが劇的に復活して『カリフォルニケイション』を発表した時、「ようやくこれでレッチリがベストの状態に戻った。『One Hot Minute』は散漫な作品だったし、フジでのライブは伝説にはなったが、演奏レベルはひどかった」というレビューを見かけてしまった。

嘘付け!あの時のレッチリは凄かったじゃないか!そしてデイヴ・ナヴァロ色が強く出た『One Hot Minute』は絶対名盤だよ!確かにジョン・フルシアンテのギター、そして彼が在籍していた時期の作品は僕も大好きなのだが、デイヴのエフェクターを多用した変幻自在の音色のギターも凄かったんだ!僕はこの耳で聴き、そしてこの目で見た。

それにあれだけ悲惨な状況(今映像で見ても分かるが、レッチリの時には雨だけでなく風が物凄いことになっていた。その為大粒の雨がもろにステージのメンバーに吹き付けていた)で、あのレベルのライブが出来ることの方がむしろ僕には信じられなかった。

ちょっと感情的かつ蛇足になってしまったので話を元に戻す。

唐突に完全におちょくったスパイスガールズのカバーに会場中から笑いが起こる中、『Stone Cold Bush』になだれ込む。先程,バンドを褒め称えるような事を書いたばかりだが、確かに若干のやけくそ感は漂っていたと思う…。

やはりステージの状況は相当厳しいらしい。一曲終わるごとにメンバーが集って何事か相談している。アンソニーが「Shit!」やら何やら叫んでいる。それでも何かを確かめるようにじっくりと一曲、また一曲とライブは進む。

六曲ほど演奏しただろうか?おもむろに皆の待っていた『Give It Away』が始まった!もう会場中が狂ったように暴れ、唄い始める!三万人ほどの大合唱は間違いなくこの日のハイライトだった。

しかし…。この曲が終わるとアンソニーが引っ込んでしまった。チャドがドラムを破壊し始める。え?もう終り?まだ四十分ぐらいしか演奏していないじゃないか!観客も皆、何が起こっているのか理解出来ない様子。おもむろにフリーがイチモツを取り出しシゴキ始める。ヒロトに続き、本日目撃する二本目の竿。奴がここまでするって事は、どうやら本当に終わりなのか?

ステージには誰もいなくなってしまった。それでもまだ皆、彼らが帰ってくることを信じて待っている。僕と杉内も勿論待っている。長いこと誰も帰ろうとしなかったが、ステージに主催者が現れ告げた。

「もう終わりです!」

こうして唐突に、長い長い壮絶な一日が幕を閉じた。若干の不完全燃焼感は漂っていたものの、

「燃えた。燃え尽きたよ。俺達は耐え抜いたんだ!」

…と、この時の僕達は思っていた。しかし、本当の試練はこの後に始まったのだ。

(※ライブ本編のレポートは今回で終わりです。

何とフジロックファンにはお馴染みの岩盤さんが、富士祭電子瓦版で当ブログを紹介して下さってます!

次回からは『下山編』が始まりますが、本当に書き残しておきたかったのは、ここからなのです。お楽しみに!)

|

« 13.『レッドホットチリペッパーズ(1)~闇に響く声~』 | トップページ | 15.『下山①~ビーサンを呪う~』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2235019/64712370

この記事へのトラックバック一覧です: 14.『レッドホットチリペッパーズ(2)~ワン・ホット・ミニット~』 :

« 13.『レッドホットチリペッパーズ(1)~闇に響く声~』 | トップページ | 15.『下山①~ビーサンを呪う~』 »